宮里優作が、耐えて首位の座を保った。 「ショットがあまり良くなくて、パットも難しいのが残ってしまった。チャンスは数えるぐらいしかなかった」。出だしはファーストパットの距離感が合わずに距離を残し、小さなピンチが何度も続いた。それでも3番で4メートルをねじこむなどパーでしのぐと、流れが来た。