男子走り幅跳びの当真大智(中部商)は、トップに1センチ及ばず、6メートル98で2位だった。「楽しくやれば逆転できると思ったけど悔しい。1本目から7メートル超えしないと、全国では通用しない」と反省しきりだった。 試技1本目はファウルだったが7メートルを超え、「いい感じ」だった。