柔道の県体重別選手権兼国体予選会は14日、県立武道館で行われ、成年男子90キロ超級で七戸虎(九州電力)が島袋赳士(県警)を下し、2年ぶりの栄冠に輝いた。同73キロ級は新垣直也(同)が迎里卓(日本体育大)を退け、8連覇を飾った。