県総体男子90キロ級覇者の岩切廉(沖尚高3年)が、安定した戦いぶりで、頂点に立った。来週の九州総体をイメージして臨み、寝技、立ち技で、それぞれ一本を奪って初優勝。「圧力をかけて一気に技を仕掛ける流れはできたと思う」と納得の表情だった。 決勝は同校の島袋健慎(2年)と対戦。