父の日大闘牛大会(主催・古堅闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が15日、うるま市石川多目的ドームで開かれた。好カードをそろえた大会だけに、県内各地からの闘牛ファンや観光客など約3千人が詰め掛け、普段空席の2階席まで観客があふれる大入りとなった。観客は巨漢が激突する迫力の11取り組みを3時間にわたって堪能した。

琉仁謝名親方(左)を柵際に担ぎあげ、豪快な腹取りを決める古堅モータース白眉=うるま市石川多目的ドーム

父の日大闘牛大会対戦結果(左側が勝牛)

琉仁謝名親方(左)を柵際に担ぎあげ、豪快な腹取りを決める古堅モータース白眉=うるま市石川多目的ドーム 父の日大闘牛大会対戦結果(左側が勝牛)

 注目の結びの一番は、対戦開始早々、古堅モータース白眉が電撃速攻を決め、琉仁謝名親方に圧勝した。両牛、入場とともにすぐに交角。一呼吸置くや、最初に攻めたのは親方だった。エンジンがかかる前だったのか、白眉は一気に柵際まで後退させられた。

 白眉は逃げ場を失ったかに見えたが、柔軟な腰でくるりと反転、体勢を立て直すや否や目にも留まらぬ速さで反撃の押し込み一発。この攻めで親方は体勢を崩され、柵際にたたき付けられた。間髪を入れず、2発目の腹取りが決まると、親方は必死の形相で敗走。ドーム特有の轟音(ごうおん)のような大歓声が起こり、勝負に幕が下りた。

 3月9日の前回同様、白眉の圧勝劇。観客席から感嘆の声しきりで新たなスター牛が誕生したといえるだろう。白眉は4戦4勝。

 2番戦は古豪の荒波が今年1月に続いてまた殊勲の白星。荒技で知られる蜂男トガイー来夢のお株を奪う形で、ぐいぐいと押しまくった。蜂男に反撃の機を与えず、わずか1分57秒で完勝。荒波は昨年のスランプがうそのような復調ぶりで、この先期待が大きく膨らんでいきそうな勝ちっぷりだった。

 3番戦は徳之島の大物、有心富士若がベールを脱いだ。長期休養明けで動きはやや重かったが、地力のある無双花鷲(旧名けんたろう)を危なげなく下し、貫禄勝ち。

 次回は22日午後1時からうるま市石川多目的ドームで水無月(みなづき)若手オールスター石川大闘牛大会。(又吉利一通信員)