沖縄工業が団体で初の九州制覇を成し遂げた。18年ぶりに制した県高校総体に続く快挙となった。  団体メンバーには69キロ級の宮本昌典、94キロ級の請舛泰俊と階級覇者がいる中、平良真理監督に「彼の力が大きい」と言わしめたのは喜屋武翔太主将だ。