2人のハードラーが、前のめりでゴールに飛び込んだ。110メートル障害の﨑本和誠(那覇西)と前田紘毅(鹿児島商)のタイムは、ともに14秒47。1000分の1秒の写真判定でも全く差がつかず、同着優勝が決まった。 﨑本は「地元で優勝できてうれしい。