沖縄防衛局の高木健司調達部長は16日、米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古での新基地建設計画に「軍港機能を持たせる考えはまったくない」と断言した。一方、将来的な機能強化について、防衛局の田中利則企画部長は「確たることを申し上げられない」と言及を避けた。

 両氏は辺野古沿岸部の埋め立て承認を究明する県議会の調査特別委員会(百条委)に参考人で出席し、委員の質問に答えた。