県総体4冠王の成海大地(普天間)が、最も得意なロードレースで3位に入った。大分の高橋優斗とのスプリント勝負に敗れ、「最後はうまくまくられた」と唇をかんだ。 バンクでは表彰台に届かず、「支えてくれた人たちのためにも、何が何でも優勝する」と強い気持ちで臨んだ。序盤から積極的に仕掛け、自ら先頭集団を形成。