自民党県連が16日に県内経済28団体の代表者らとの会合で、11月知事選に自民・公明の枠組みで臨みたい考えを説明し、選挙態勢構築に向けた動きを加速させた。ただ、普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する公明県本部との協力は不確定のまま。