中国大陸に上陸後、勢力が弱まり熱帯低気圧となっていた台風7号が17日正午、東シナ海で再び発達して台風になった。18日未明にかけて九州南部に最接近する見込み。気象庁は、鹿児島県奄美地方も含め、非常に激しい雨や強風への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風の「復活」は統計が残る1951年以降で37個目。九州に接近後、日本の南を東北東に進み、18日朝までに温帯低気圧に変わると予想している。

 18日夕までの24時間予想雨量は九州南部と奄美の多い所で150ミリ、予想される最大瞬間風速は30メートル。海上はしけ、竜巻などの突風や落雷にも注意が必要だ。

 台風は17日午後3時現在、東シナ海を時速約35キロで東北東へ進んだ。中心気圧996ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。中心の南東側220キロと北西側130キロ以内が風速15メートル以上の強風域。(共同通信)