名護市辺野古への新基地建設に向けて、日米両政府が埋め立て工事水域(約700ヘクタール)を全面的に立ち入り禁止とする方向で調整を進めている。ただその根拠となる日米地位協定は「米軍の使用」を想定しており、工事のための規制に適用できるのか疑問の声も上がる。