沖縄国税事務所が17日公表した2013年度の酒類課税高は前年度比0・7%増の109億6400万円で9年ぶりに増加に転じ、課税数量も1・3%増の7万4246キロリットルで6年ぶりに増加した。酒類別ではビール、その他酒類(発泡酒、第三のビールなど)が、それぞれ課税高・数量とも伸びた一方、泡盛は過去最高だった04年以降、課税高・数量ともに9年連続で減少した。

酒税課税高の推移

 泡盛の課税高は前年度比1・7%減の43億4800万円、数量が1・8%減の2万1582キロリットルとなった。

 県内向けの課税高は0・9%減の30億3700万円、数量は1・1%減の1万6935キロリットルで、課税高は2年連続、数量は8年連続の減。12年度、8年ぶりに増加に転じた県外向けも再び減少へ。課税高は3・4%減の13億1100万円、数量は4・4%減の4646キロリットルだった。

 ビールの課税高は前年度比2・4%増の42億6千万円、数量は2・4%増の2万3516キロリットルで、いずれも2年連続で増加。オリオンの夏季限定商品の好調さや観光客の増加などを背景に、消費拡大につながったとみられる。

 発泡酒や第三のビールなどの「その他酒類」の課税高は2・3%増の23億5600万円、数量は2・9%増の2万9149キロリットルで、プラスに転じた。

 課税高の構成比は、泡盛が前年度比0・9ポイント減の39・7%、ビールが0・7ポイント増の38・9%、その他酒類は0・3ポイント増の21・5%。

 復帰特別措置による13年度の酒税軽減額は前年度比2・1%減の約33億円で、そのうち泡盛が0・6%減の約18億2千万円。

 本土復帰後の累計は全体で約1194億円、泡盛は約372億円となった。