【東京】仲井真弘多沖縄県知事は18日、首相官邸で菅義偉官房長官と面会し、那覇空港のターミナル区域の拡大と沖縄への鉄軌道導入を要請した。菅氏はターミナル区域の拡張について「できる限り対応するよう、私からも関係省庁にしっかりと指示をしたい」と述べ、全面的に協力する意向を示した。

菅官房長官(右)に要請書を手渡す仲井真弘多知事=18日午後、首相官邸

 鉄軌道の導入について仲井真氏は、「何とか導入決定をお願いしたい」と述べ、線路などのインフラ部分を国が整備し、民間が運行する「公設民営型」の特例制度を創設するよう要望した。

 菅氏は「全国新幹線鉄道整備法も含め、さまざまな制度について研究、検討したい。沖縄と意思疎通を図りながら対応したい」と述べ、公設民営型の整備新幹線制度も視野に制度設計を検討する方針を示した。

 面会後、仲井真氏は記者団に「前向きに検討するといういい返事を頂いた。いい反応だった」と語った。

 また、外国人観光客の円滑な受け入れへ向け、CIQ(税関、出入国管理、検疫)の強化も要請。谷垣禎一法相はCIQの強化は全国的に取り組んでおり、沖縄でも対応したいと述べたという。

 このほか、山本一太沖縄担当相、太田昭宏国土交通相にも要請。自民党本部では石破茂幹事長とも面会した。