米軍普天間飛行場の移設作業を進めたい防衛省は、本格的な調査や工事の「前準備」として、名護市辺野古の埋め立て地周辺の水域を常時立ち入り禁止とする制限区域を設けることで米側と合意した。日米地位協定に基づき、共同使用も承認されたことで、制限水域内で日本政府が建設作業をすることができる根拠にもなる。