高校野球の第96回全国選手権沖縄大会が21日、南北海道とともに全国のトップを切って開幕した。コザしんきんスタジアムで行われた開会式では61校が入場行進し、真和志主将のネブレト・ジョデェシィ・瑠華主将が選手宣誓した。

開会式で選手宣誓をする真和志のネブレト瑠華主将(右)=コザしんきんスタジアム

 第1日はコザしんきんスタジアムほかで1回戦7試合が行われ、豊見城は3-0で迎えた九回、宮古に2点を返されるも継投した金城仁が後続を断ち、2回戦に進出した。

 沖縄水産は0-1の五回2死一、三塁、上間義士の2点適時二塁打で逆転し、2-1で八重山に競り勝った。

 嘉手納は、秋4強の八商工を10-0の六回コールドで破った。

 那覇西は3-0の九回、久米島に2点を返され、なおも2死三塁のピンチをエース根間聖夏が振り切った。

 那覇工は13安打を放ち、9-2で宮古総実を七回コールドで退けた。

 豊見城南はエース吉浜敬祐が宮古工打線を1点に抑え、3-1で完投勝利した。

 読谷は初回に4点を先制して11安打を放ち、7-2で八重山農を下した。

 第2日は22日、同球場ほかで1回戦8試合を行う。

■全力プレー誓う 真和志主将が宣誓

 コザしんきんスタジアムで行われた開会式では、選手を代表して、真和志のネブレト・ジョデェシィ・瑠華主将が選手宣誓した。

 「これまで野球に懸けてきた思い、支えてくれた皆さまへの感謝の思いを胸に、固い絆で全員野球・全力プレーで全てのチームに敬意を持って戦う。真夏の太陽にも負けない、甲子園という聖地に向かい、『熱い、熱い』大会にすること誓う」と思いを込めた。