嘉手納は秋4強の八商工を10-0の六回コールドで破った。 八商工のエース馬場寿希矢がけがで登板を回避。代わりにマウンドに上がった具志堅忠憲に対し、嘉手納は三回に1番知花卓夢からの3連打と犠飛で3得点すると、五回には4番大城璃功の2点適時打と敵失で4得点とビッグイニングをつくった。