練習試合で10連敗中だった那覇西が4安打で久米島に競り勝ち、長いトンネルを抜け出した。赤嶺大和主将は「全員で勝ち取った。次への弾みになる」と、久しぶりの勝利の味をかみしめた。 打撃の不調と守備の乱れが連敗の要因だった。待望の先制点は0-0の五回2死一、三塁、2年生の島袋斗弥の左前打で奪った。