那覇工が宮古総実に13安打を浴びせ、9-2で七回コールド勝ちした。奥田誠吾監督は「初戦の硬さで浮足立っていた。我慢しながら試合中に修正できたことが収穫」と振り返った。 先発の大城健人は、初回に2失点。