高校野球の第96回全国選手権沖縄大会第2日は22日、沖縄セルラースタジアム那覇ほかで1回戦8試合が行われた。前原は1―1で迎えた九回2死二塁、代打・伊波陽一朗が中前適時打を放ち、2―1で興南にサヨナラ勝ちした。

 宜野湾は五回、比嘉優樹、砂川魁志の適時打で2点を挙げて主導権を握り、七回にも追加点を奪って3―2で小禄を振り切った。

 春季大会準優勝の宜野座は、2―1で那覇商に競り勝った。浦添は三回、福里武留、宮城翔、大浦洋介の3連続安打で3点を奪い、4―2で具志川を下した。

 那覇国際は初回に9安打を放ち、8―5で南部工業を下した。浦添工業は16安打の猛攻で、9―2で名護商工に八回コールド勝ちした。

 沖縄高専は4―7の九回に4点を挙げ、8―7で中部農林にサヨナラ勝ちした。石川は12安打を放ち、8―6で石川を破った。

 第3日は23日、コザしんきんスタジアムほかで1回戦9試合を行う。