【堀江剛史通信員】琉球民謡保存会ブラジル支部(山内盛一支部長)主催の第20回民謡大会が5月18日、サンパウロ市内の県人会大サロンであった。

幸知静子さん

大城アマンダさん

幸知静子さん 大城アマンダさん

 師範たちによる「かぎやで風節」の演奏で開幕。審査員と約300人の来場者が見つめる中、約70人の出演者らは緊張の面持ちで、練習の成果を披露した。

 幕の合間には斉藤悟、具志堅洋子、島袋順子琉舞道場が踊りを披露し、今年はちびっこ部門が無いため、特別出演として3世の久場ミワちゃん(9)も民謡を披露した。

 受賞者発表では入賞者の名前が読み上げられるたび、大きな歓声が起こった。 

 グランプリ・高齢者の部で優勝した幸知静子さん(72)=2世=は30年のベテラン。「とてもうれしい。これからも歌い続けます」と語り、グランプリの部で優勝した大城アマンダさん(18)=3世=は「夢のようで信じられない。感謝の気持ちでいっぱい」と泣きながら家族、師範と抱き合い喜んだ。二人は来年沖縄で開催される「民謡の祭典」に参加する。

 座嘉比昇実行委員長は「前年に比べ技量が向上している。特に優勝者は沖縄に行っても通用する」と太鼓判を押した。

 同保存会は今年9月、沖縄からも関係者を迎えた創立20周年式典を予定している。