前原が実力校の興南を2-1のサヨナラ勝ちで破った。 終盤の八回、興南に先制を許した。しかし、その裏の1死二、三塁で、「誰一人諦めていなかった。『決めてやる』と強気でいった」と謝花良陛のスクイズで同点に追いついた。 1-1のまま迎えた九回2死一塁で打席には代打の伊波陽一朗。