4連敗中で11位に低迷していたFC琉球は、ベテランの活躍で約1カ月ぶりの白星を挙げ、トンネルを抜け出した。2ゴールを挙げたMF中山悟志は「勝ててよかった」と、白い歯をこぼした。 盟友で同い年の河端和哉がメンバーを外れ、キャプテンマークを託されてピッチに立った。