【糸満】沖縄全戦没者追悼式前夜祭(主催・沖縄協会、共催・県、県遺族連合会、県平和祈念財団)が22日夜、糸満市摩文仁の沖縄平和祈念堂で開かれた。約400人が参列し、戦没者のみ霊に祈りをささげ、恒久平和を誓った。

沖縄全戦没者追悼式前夜祭で、琉球舞踊を奉納する道扇流の金城道枝家元=22日午後、糸満市摩文仁・沖縄平和祈念堂

 式は「鎮魂の火」の献火で始まり、平和の鐘を打ち鳴らして、参列者全員で黙とうをささげた。その後、沖縄平和祈念像前で、琉球古典音楽の合奏や独唱、琉球舞踊を奉納した。

 沖縄協会の清成忠男会長は「二度と戦争の悲劇を繰り返してはいけない。現在の生活が幾多の尊い犠牲の上に築かれたことを決して忘れてはなりません」と鎮魂(しずたま)のことばを述べた。