【糸満】県平和祈念財団は22日夜、平和の願いを込めた5本のサーチライトを糸満市摩文仁の平和祈念公園の上空に照らし、沖縄戦を忘れてはいけないと県民に訴えた。平和の光の柱トライアングルは、23日夜も行う。22日、公園内では那覇青年会議所が、ろうそくをともし戦没者のみ霊を慰める「平和の灯火(ともしび)」を実施した。

恒久平和を願いキャンドルでかたどられた「命」=22日午後8時すぎ、糸満市摩文仁・平和祈念公園