水無月(みなづき)若手オールスター石川大闘牛大会(主催・石川闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が22日、うるま市石川多目的ドームで開かれ、11組の対戦が次々に繰り広げられた。

大進シャネル(左)を柵際に押し込み、腹取りを決める優力也=うるま市石川多目的ドーム

水無月若手オールスター石川大闘牛大会 対戦結果(左側が勝牛)

大進シャネル(左)を柵際に押し込み、腹取りを決める優力也=うるま市石川多目的ドーム 水無月若手オールスター石川大闘牛大会 対戦結果(左側が勝牛)

 激戦連発となり、迫力場面も再三。県内各地から詰め掛けた大勢の闘牛ファンは激しいぶつかり合いのたびに歓声を上げるなど2時間余にわたって闘牛の醍醐味(だいごみ)をたっぷりと満喫、堪能した。

 もっとも見応えがあったのは、大進シャネルと優力也が激突した指名特番戦(6番戦)。今大会注目のカードだったが、両牛、期待通りの動きで場内を沸かせた。

 鋭い角を持つ両牛は、互いに角を打ち振りながら息もつかぬ押し合いに。思わず身を乗り出す迫力場面が30秒ほど続き、観客の目は両牛にくぎ付けとなった。

 対戦開始1分すぎ、優力也が右からのカケ押しで一気に前進すると、シャネルはもろくも後退し、あっという間に柵際に押し込まれた。

 体勢を崩したシャネルに優力也が間髪を入れず腹取りを決めた。

 2発目を逃れ、何とか向き直ったシャネルだったが、ここで戦意喪失。歓声の中、優力也に軍配が上がり、勝負に幕が下りた。

 結びの一番に登場した東立成号(旧名だだ吉三郎)はブルジュニアを下し、約1年ぶりの勝利(5戦全勝)を飾った。

 長期休養明けのためか、動きはやや硬かったが、終始危なげない戦い。対戦開始5分余、息が上がったブルジュニアを敗走させ、貫禄勝ちだった。

 次期王座にもっとも近いといわれる大物牛の待望の復活。今年後半の闘牛戦線の核となるだろう。

 その他の対戦結果についてはhttp://togyu.ti-da.net/e6429442.htmlで。(又吉利一通信員)