首里は美里を4-2で破り、2回戦に駒を進めた。 打線は三回に中真樹が左前適時打を放つなど、四回までに敵失も絡んで4得点。ヒットは5安打にとどまったが少ない好機をものにした。 投げては、右肩のけがもあり、昨夏以来の先発となったエース西岡侑亮が完投した。