陽明がサヨナラ勝ちで、秋2回戦に続き北中城を撃破した。 0-1の八回裏1死走者なしで打席に入ったのは、五回に先制点を許したエースの具志堅光。遊ゴロ(記録は敵失)に左足をつりながら頭から一塁に飛び込んで生きた。「自分が打たれた分は絶対に返す。気持ちで体が勝手に動いた」と、同点の足掛かりをつくった。