名護が両チーム合わせて26安打の乱打戦を制した。6-6の八回無死二、三塁、比嘉俊弥の犠飛と球陽の連係ミスの間に2点勝ち越し。さらに真栄田伊織の右前打で、9点目を奪って勝負を決めた。 先制打と9点目の生還を果たした平敷翼は「みんな緊張してミスが続いたが、打線がつながってよかった」とほっとした様子。