【本部】本部町在来のネギ「もとぶ香ネギ」を沖縄そばに乗せた「もとぶ香ネギそば」の試食会が16日、町渡久地の沖縄料理店「まーす家」で開かれ、高良文雄町長や商工会関係者らが、風味ゆたかなネギの香りと沖縄そばのコンビネーションに舌鼓を打った。

ネギが山盛りに乗った新商品「もとぶ香ネギそば」をおいしく食べる関係者ら=16日、本部町・「まーす家」

ネギが山盛りに乗ったもとぶ香ネギそば

ネギが山盛りに乗った新商品「もとぶ香ネギそば」をおいしく食べる関係者ら=16日、本部町・「まーす家」 ネギが山盛りに乗ったもとぶ香ネギそば

 町が推進する香ネギの普及と連携した取り組みで、町浦崎のアルマリゾートが考案。同リゾートの棚原憲勇代表取締役は「京都の九条ネギそばにヒントを得た。ネギは脇役になりがちだが、美容や健康にもいいもとぶ香ネギを楽しんでほしい」とPRした。

 香ネギそばは、香川のさぬきうどんのだしをベースにしたあっさりした味わい。試食会では高良町長や町観光協会の當山清博会長らが、出来たてのそばをおいしそうに口に運び「すごいネギの量だ」「食べるほどネギの味と香りが広がる」と山盛りのネギを楽しんだ。

 高良町長は「そばの町宣言した本部で、沖縄そばと新たな特産のネギを一緒に売り出せることはうれしい。町もどんどんPRしたい」と喜んだ。「もとぶ香ネギそば」は1杯700円。今後は町内で沖縄そばを提供する店に広げていくという。