沖縄銀行(玉城義昭頭取)は24日、那覇市内のホテルで第83回定時株主総会と取締役会を開いた。常務取締役の金城唯士氏を代表権のある専務取締役に、取締役総合企画本部長の山城正保氏を常務取締役に昇任させる役員人事案などを承認した。

 期末配当を1株当たり32・50円、総額6億5930万円とする利益処分も決定した。

 玉城頭取は「個人・法人など民間向けの預貸金残高は順調に伸びており、外部評価機関からシングルAプラスの格付けを維持している。地域や県民から愛される銀行として役職員とも尽力する」とあいさつした。

 総会後の取締役会では、新株予約権を1481個発行し、社外を除く取締役8人に割り当てることも決めた。