【東京】陸上自衛隊相馬原演習場を抱える群馬県榛東村の阿久澤成實村長と村議会の高橋正議長らは24日、防衛省に小野寺五典防衛相を訪ね、国防への協力や沖縄の負担軽減のためオスプレイの訓練や、自衛隊が同機を導入後に配備へ理解を示すと考えを伝えた。

オスプレイを受け入れる決議書を小野寺防衛相(中央)に手渡す榛東村の高橋議長(右)と阿久澤村長=24日、防衛省

 小野寺氏は「心から感謝したい。皆さんの協力と理解を頂きながら体制を進めていきたい」と謝意を示した。

 会談後、阿久澤氏は記者団に対し「基地所在村として、共存共栄の立場。国防に村民が協力するという中で議会が議決したと認識している」と述べ、村民に一定の理解が得られていると説明した。

 同議会は19日、沖縄に配備されているオスプレイの訓練受け入れや自衛隊導入時の配備に理解を示す決議を賛成多数で可決した。