【宜野湾】在沖米海兵隊報道部は25日、沖縄の基地負担軽減を目的に岩国基地(山口県)へ移駐する米軍普天間飛行場所属のKC130空中給油機について、拠点を移した後も定期的に同飛行場や沖縄周辺で訓練することを明らかにした。(2面に関連)

 7月8日の2機を皮切りに、8月末までに全15機が移駐する予定だが、同報道部によると、沖縄に駐留する海兵隊の地上部隊との関連任務のため、定期的に飛来するという。普天間のほか伊江島補助飛行場、嘉手納基地や沖縄周辺の訓練空域を挙げている。

 海兵空陸機動部隊(MAGTF)の地上部隊が沖縄に駐留していることも理由に挙げ、「訓練はパイロットや乗員にとって必須条件」としている。

 KC130の移駐については、24日に首相官邸で開かれた米軍普天間飛行場負担軽減推進会議で、安倍晋三首相が日程を発表して沖縄の負担軽減をアピール。仲井真弘多知事は「具体的な答えが出始めて、前へ進んでいる」と評価していた。