【宜野湾】米軍普天間飛行場所属のKC130空中給油機が岩国基地(山口県)へ移駐後も普天間飛行場など沖縄周辺で訓練することが分かり、宜野湾市民からは「本当に負担軽減につながるのか」と実効性を疑問視する声が上がった。

 米軍普天間飛行場負担軽減推進会議作業部会メンバーで、宜野湾市の松川正則副市長は移駐を評価した上で、「外来機の飛来には従来から反対している。移駐後も頻繁に来ては負担軽減のレベルが落ちるので、どのくらいの頻度で訓練するのか、注視していかなければならない」と述べた。

 KC130がタッチアンドゴー訓練をするたびに爆音にさらされる上大謝名区の山城賢栄老人会会長は「移駐と聞いて喜んでいたのに」と声を落とす。「訓練をこっちでやるのなら名目的な移駐にしかならず、意味がない。本当に負担軽減を考えているのか」と憤った。

 第2次普天間爆音訴訟団の島田善次団長は「負担軽減どころか、ただのパフォーマンス。知事は前に進んだと言っているが、全然そうじゃない」と突き放した。