まつげを長く見せるメーキャップ「まつげエクステンション」の技術を競う国内外の大会で県内の女性2人が活躍、相次いで好成績を収めている。

赤嶺萌さん

橋川亜紀さん

赤嶺萌さん 橋川亜紀さん

 那覇市おもろまちのサロン「PINK DOLL HOUSE」のマネジャーの橋川亜紀さん(25)は4月15日に韓国で開かれた「第12回IEDACまつげデザインアートコンテスト世界大会」のスピード部門で金賞に。デザイン部門で銀賞、丁寧さなどを競うシングル部門は銅賞とそれぞれ上位に進出している。

 世界大会初めての挑戦で、中国や韓国のプロを抑えての快挙。橋川さんはまつげのエクステンション技術者であるアイリストの仕事を始めて7年目のベテラン。「研究を重ね、もっと上を目指していきたい」と意気込んでいる。

 同じサロンで働くアイリストの赤嶺萌さん(21)は、6月16日に大阪府で開催された「第5回日本まつげエクステコンテスト」で3部門の総合優勝を果たした。

 赤嶺さんはアイリスト歴1年3カ月での総合優勝。「その人に合ったデザインを提供できるようになりたい」と目標を語った。