天皇、皇后両陛下が26日、戦時中に米軍の潜水艦にに撃沈された学童疎開船「対馬丸」の犠牲者の慰霊のために来県した。

国立沖縄戦没者墓苑に献花される天皇皇后両陛下=26日午後3時すぎ、糸満市摩文仁・国立沖縄戦没者墓苑

 同日午後に特別機で那覇空港に到着した両陛下は、糸満市の沖縄平和祈念堂に続いて、国立沖縄戦没者墓苑を訪ね、献花した。国立戦没者墓苑で両陛下は、出迎えた遺族らに「大変な日々を過ごされたんですね。ご苦労さまです」などと声をかけた。

 その後、那覇市内のホテルで仲井真弘多知事から沖縄の自然や文化芸能、米軍基地の現状、経済状況などの説明を受けた。

 両陛下は27日、那覇市にある対馬丸の慰霊碑「小桜の塔」と対馬丸記念館を訪れ、犠牲者の遺族や生存者らと懇談する予定。

 ことしは、対馬丸の撃沈事件から70年、対馬丸記念館の開館10年の節目の年で、両陛下の同会館の訪問は初めて。

 両陛下の来県は2012年に糸満市で開かれた「全国豊かな海づくり大会」の出席以来で、皇太子時代を含めて10度目。