「バスケットで金メダルをゲットしたい」「警察官になれますように」。七夕を前に那覇市の新設校、那覇小学校(兼浜みどり校長)の1、2年生10人が27日、同市久茂地のタイムスビルを訪れ、ササに思い思いの短冊を飾り付けた。

願い事を書いた短冊をササに下げる那覇小の子どもたち=27日午後、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランス

 双子の姉の泰川明(あかり)さん(7)=2年=と一緒に参加した耀(ひかる)君(7)は「足がはやくなりますように」。下地希和さん(7)は、4月から習い始めた琴の上達を願い、「将来は小学校の先生になりたいので、勉強も頑張りたい」と意気込んだ。

 4色の吹き流しと全部で約140枚の短冊が、来月7日まで1階エントランスを彩る。兼浜校長は「すてきな建物に飾られる願い事です。きっとかなうと思います」と児童らに話していた。