【名護】米軍普天間飛行場の代替地建設に伴うボーリング調査を前にヘリ基地反対協議会は28日、新基地建設予定地とされる名護市辺野古の海で、ボーリング調査と新基地建設反対の海上デモ・抗議集会を開いた。県内外から約300人が参加し「辺野古の海を守るぞ」と気勢をあげた。

キャンプシュワブ(後方)を望む海上で基地建設反対を訴える県選出国会議員や県議ら=28日午前、名護市辺野古沖合

 県選出国会議員や県議、市民ら約60人が4隻の船と20隻のカヌーに乗って海にこぎ出し、基地建設に反対を訴えてシュプレヒコール。

 集会で安次富浩共同代表は「政府の制限水域の拡大に法的根拠はなく、われわれの市民運動を弾圧するのが目的だ。高江でもヘリパッド工事が再開する7月は沖縄の大きな節目。持てる力で沖縄の怒りを突きつけよう」と声を張り上げた。

 参加者は「ジュゴンとサンゴの海を守るぞ」「埋め立ては許さない」と拳を突き上げ、「ガンバロウ」三唱で互いの決意を表明した。