【渡嘉敷】渡嘉敷村阿波連の海水路「ウンヌシル」で24日に見つかったゴマフアザラシが、28日午前8時ごろ、同場所で浮いて死んでいるのを通行人が発見した。

渡嘉敷島で発見されたゴマフアザラシ=25日午前11時半、渡嘉敷村阿波連(當山清哉さん提供)

 渡嘉敷漁協によると目立った外傷などはなかったという。ゴマフアザラシは同日中に沖縄美ら海水族館へ運び、エックス線やCTスキャンなどで死亡原因などを調査する。

 同館サブリーダーの仲里美之さんは「死んでしまい残念。水族館としても初めてのことなので、写真撮影や計測などを調査したい」と話している。