スカパーJSAT(東京都、高田真治社長)が6月から、日本コンテンツ専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」をミャンマーで放送している。

 同国の大手メディアグループが提供する「4TV」で放送し、現行の英語字幕放送を将来的にすべてミャンマー語の放送にしていくという。「WAKUWAKU JAPAN」は、同社がえりすぐった日本のコンテンツを24時間、現地の言葉で放送するチャンネル。2月からインドネシアで放送されており、順次海外展開を拡大していくという。