沖縄の地域ドメイン「.okinawa(ドット沖縄)」の登録受け付けが7月1日からスタートするのに合わせて、沖縄地域ドメインの管理運営事業者となったビジネスラリアート(京都市、中西俊之社長)が同日、午後2時から県内企業や行政関係者らを対象に那覇市の沖縄産業支援センターで「沖縄地域ドメインサービス開始フォーラム」を開催する。

 「沖縄の発展に地域ドメインをどう活(い)かすかを考える」をテーマに、MM総研所長の中島洋氏と日本レジストリサービス取締役の堀田博文氏が基調講演するほか、GMOドメインレジストリ社長の塚原廣哉氏が東京と名古屋における地域ドメインの活用方法について紹介。地域ドメインがもたらす沖縄ブランド力の向上について討論するパネルディスカッションもある。

 ビジネスラリアート社は沖縄の地域ドメインについて、県内自治体と観光協会に無償で提供する方針を発表している。中西社長は「ネットのアドレスに『沖縄』という住所ができることの価値を多くの人に知ってほしい」とフォーラムへの参加を呼び掛けている。

 問い合わせは同社、電話098(941)5666。