普天間は2年生の4番・與那原大剛が5打数3安打5打点と大暴れ。「先輩たちが塁に出て、自分に回してくれた。返しただけです」と謙遜したが、「今日のように、センター方向への打撃を心掛ければ次も勝てる」と、対浦添商戦に向け手応えを得た。 一回1死二、三塁、まずは浮いたスライダーをセンターにはじき返して先制。