春は初戦敗退だった浦添商業が3-1の接戦で沖縄工業を退けた。先発のエース砂川優士、2番手の2年生天久翔太が投打に活躍した。 1-1の三回、新里龍平が先頭打者本塁打を放ち勝ち越すが、なおも続く1死満塁の好機を生かせず、じりじりとした展開が続いた。