サッカーの第19回タイムス杯争奪県選手権(兼第94回天皇杯全日本選手権県予選)の決勝戦が29日、西原町陸上競技場で行われ、J3のFC琉球が3―0で海邦銀行SCを下し、3年連続7度目の栄冠に輝いた。

 琉球は、前半にMF富所悠、FW中山悟志のゴールで主導権を握り、後半にもMF青木翔大が追加点を挙げて快勝した。

 琉球は2011年のJFLシード枠を含め、5年連続で天皇杯本戦出場を決めた。