豊見城が春4強・石川の反撃を継投で断ち切った。先発の宮里昂大は「自分たちの野球をすれば勝てると信じていた。守備に助けられた」と仲間に感謝した。 待望の先制は二回、自らのスクイズと石原久士の右前打で2点を奪った。リズムに乗り、チェンジアップとカーブで凡打の山を築いた。