浦添は一、五、六回の集中打で10点を挙げ、沖縄高専に圧勝した。 5月の九州遠征で、2桁安打しても勝てない試合を繰り返し、決定打が出ないことを痛感。打撃練習を強化し、好機には必ず「俺が打つ」と言ってから打席に入るようにした。