【読谷】学童軟式野球の第119回嘉手納・読谷ブロック夏季大会(第3回沖縄タイムス嘉手納・読谷販売店会ワラビー杯)の決勝が29日、村多目的広場であり、楚辺ボーイズが4対1で読谷エルベスを下し、代表の部を制した。楚辺は7月開催の県大会へ出場する。5年生以下の中学年の部は古堅南少年野球クラブが喜名キングを7対2で破り優勝した。

代表の部を制した楚辺ボーイズナイン=29日、読谷村の多目的広場

 代表の部準決勝で延長8回を戦い抜いた楚辺は決勝で4点をリードし主導権を握った。6回裏の満塁のピンチは全員野球で守りきった。

 古堅小6年で主将の上地輝虎(きとら)君は「チーム全員が一つになって戦えた。県大会までに打撃を鍛えて優勝を狙いたい」と意気込んだ。