毎年7月の沖縄県産品奨励月間が1日始まった。経済界や行政など19団体で構成する実行委員会(会長・湧川昌秀県工業連合会会長)約250人が同日、牧志公園から県民広場まで国際通りをパレード、県産品の愛用をアピールした。

県産品をアピールし、国際通りを練り歩いた街頭パレード=1日午後、那覇市牧志

 ことしの標語は「美ら島の魅力がギュッと県産品」。月間中、県産品の利用促進を幅広く訴える。パレード後、県民広場前でセレモニーがあり、湧川会長は「県産品の愛用は地域経済の活性化や雇用拡大、自立型経済の構築にもつながる」と呼びかけた。