【糸満】糸満市座波の金城早苗さん(67)宅の庭のサガリバナが、見ごろをむかえている。6月30日夜、近所の人たち約20人が集まり、花見をしながら会話を弾ませ、甘い香りを楽しんでいた。花は日暮れとともに開き、朝には散る。

芳香を漂わせ満開に咲いたサガリバナ=6月30日、午後8時すぎ、糸満市座波(下地広也撮影)

 木を植えて7年。たくさんの花を咲かせるこつは、豊富な水を毎日与えることという。金城さんは「6月初旬ごろから咲き始めた。まだ、つぼみがある。あと1週間はもつかな」と笑顔。

 うわさを聞きつけて友人と那覇市から訪れた与那嶺トモ子さん(60)は「花の美しさと量に、圧倒されます」と感激した様子だった。