2、3カ月前から体重を落とすためにスポーツクラブのサウナに通っています。できるだけ毎日、行くようにしていて、サウナ10分、冷水2分の5セットで約1時間。5キロ落ちました。

「男性はナルシストだから、しかしたら(おだてたら)頑張るんじゃないかな」と話すひーぷーさん=沖縄タイムス社

 でも食べたらすぐ戻る。苦労して落としたのにもったいないと考えると箸が止まるんです。油っこいものにいかなくなる。酒を飲むときも豆腐や刺し身などカロリーが少なそうなやつを選ぶ。夜はほとんど食べない。晩酌するときも、つまみは焼き大豆。昼食も500キロカロリー以下に抑えるようにしています。

 ぼくの地元の同級生たちは、高校時代と体形があまり変わっていない。今でもウェイクボードなどの海遊びをしている。負けたら嫌というのがあるんです。それと、もてたい、いつまでもかっこいいおじさんでいたいっていうのがある。ずっとジーンズをはきたいんですよね。

 健康に気をつけるようになったのは40歳になってから。いい節目だと思ってたばこをやめました。その歳から、毎年夏休みに人間ドックも受けています。

 今、一番のストレス解消法は寝ること。台本の締め切りが迫るとずっと、そのことを考えている。寝るときだけは何も考えないように、環境を整えています。整体の先生のところで買ったまくらに変えたら眠りが深くなった感じ。部屋を真っ暗にして、アロマをたいたりましす。

 沖縄はやっぱりお酒の問題が大きいですよね。仕事に就いたら仲間と一杯というのが習慣になる。最近ラジオでリスナーに「一緒に休肝日をつくろう」と呼び掛けているんです。子供が大きくなる前に倒れたり、病気すると困るという意識を、沖縄の男性はもう少し強く持たないといけないと思います。

………………………………

 本名・真栄平仁 うるま市出身。琉球大短期大学部・沖縄国際大卒業。1994年漫才コンビ「ダーティービューティー」結成、OTV第1回素人お笑い選手権グランプリ。99年コンビ解散後、「劇団O.Z.E」を旗揚げ、脚本・演出・舞台美術を担当。「ティーサージパラダイス」(ROK)、「ひーぷー☆ホップ」(OTV)出演中。